どんな服装で行く?

お見合いパーティーへいざ参加するとなれば、真っ先に考えるのが当日の服装でしょう。いわゆる旧来の双方の両親が同席してのマンツーマンのお見合いではありませんので、過剰に堅苦しい正装は求められませんが、やはり清潔感第一で皆さんが自然体で1番良く映る服装が求められます。容姿に自身がある人でも、着ている服がヨレヨレだったりシワがついていたりすると、だらしがない印象になってしまします。他にもダボダボの体型に合っていない服装もナシでしょう。パーティーにふさわしい格好を意識することももちろんですが、それ以前に一社会人としての服装を心がけましょう。金額が高い服なら良いというわけではありませんので勘違いしないで下さい。社会人としてある程度節度のある服装をするようにアドバイスしているのです。

きれいでない服装を、女性は一番嫌います。たとえ顔や容姿に自信があったとしても、シワシワやヨレヨレ、ましてやダボダボの服装は論外。パーティー以前に社会人として恥ずかしくないスタイルをして参加しましょう。 高価な服ならOK という意味ではありません。節度ある服装もひとつのマナーです。

より多くの異性の視線を惹こうと不自然に華美な服装、奇をてらった服装、あるいは真逆を狙い過ぎたくだけ過ぎた服装はいずれもNGである事は、今更綴るまでもありません。それでも例えば普段からロックミュージシャン風の風貌の方、アニメキャラを連想させるような私服がスタンダードという方もおられます。こうした方々が無理矢理急いで調達したスーツ姿に身を包めば、結果一層滑稽に映り兼ねません。お見合いパーティーに定番の服装は存在せず、最終的には自己判断に委ねられますが、その催しの主旨や想像される当日の雰囲気は無視出来ません。

日の展開をシミュレーションする事前の努力もまた、形を変えて素敵な出会いを手繰り寄せる効果に繋がります。何も考えず出たところ勝負を繰り返すばかりでは、最悪単なるお見合いパーティーのベテラン参加者への道を歩んでしまい兼ねず、服装もまたそれを少なからず左右する事を知っておきましょう。